脂肪溶解注射の特徴

女性

注射だけで部分痩せを可能としたプチ整形

脂肪溶解注射はメスを使わずに部分痩せを可能とした医療痩身で、美容外科激戦区の銀座エリアでも多くのクリニックで受けられます。大豆由来の成分フォスファチジルコリンという有効成分を含む薬剤を、脂肪が気になる部分に注射器で注入するだけの簡単な施術です。フォスファチジルコリンは脂肪を乳化させる作用が非常に強く、注入した部分の皮下脂肪は分解され最終的には老廃物として体外へと排出されます。脂肪細胞レベルで分解・排出を行う医療痩身ですので、脂肪溶解注射を施した部分はリバウンドしにくくなるというのも特徴です。体重を減らすというよりは部分的に脂肪を落としたい、メリハリのあるボディラインになりたいという人におすすめです。また、1度できると解消することが難しいセルライトも薄くする効果があると言われており、太っていなくてもセルライトが気になる人も銀座の美容外科で脂肪溶解注射を受けるケースも少なくありません。身体にメスを入れることなく部分的に脂肪を減らせる気軽さから、医療痩身初心者にも脂肪溶解注射は選ばれています。

メスを使わないプチ整形で、気になる脂肪をピンポイントで除去できる脂肪溶解注射は銀座の美容外科でも人気の医療痩身です。ただ、1度に注入できる薬剤の量が限られていることもあり、1回の施術では期待していたような痩身効果を得られないかもしれません。脂肪の量や施術を行う部位などによって施術回数は変わってきますが、身体に脂肪溶解注射を行うという場合2週間から3週間に1回のスパンで、3回から5回施術を受けるのが基本です。通常であれば3回の施術を受けたくらいで、脂肪が減った・細くなったと実感することができると言われています。最低でも3回はクリニックに通うことになりますが、銀座エリアは交通アクセスが良いので美容外科にも通いやすいでしょう。脂肪溶解注射を行った部位は理論上はリバウンドを起こしにくいとされているものの、やはり暴飲暴食を続けると脂肪がついてしまいます。栄養バランスの整った基本的な食事内容であれば、リバウンドのリスクは軽減されるので脂肪溶解注射後の食事には気をつる必要があります。

Copyright© 2019 人気の理由やサービス内容はどのようなものか理解しておこう All Rights Reserved.